沿革

1991

1月

  • 株式会社ジー・サーチ設立

1992

5月

  • G-Search データベースサービス提供ファイルが100を突破
  • データベースサービス法人会員2,000社を突破

1993

8月

  • 東京都港区海岸へ本社移転

1994

11月

  • 富士通パレックス株式会社設立

1996

1月

  • インターネット・サービス・プロバイダ「InfoWeb」提供開始

12月

  • インターネット版データベースサービス開始

1997

4月

  • データベースサービス法人会員5,000社を突破

1998

10月

  • 富士通パレックス株式会社 Webプロデュース事業開始

1999

9月

  • 「日経テレコン21」サービス販売開始

11月

  • 「InfoWeb」サービスをニフティ株式会社に移管

2000

2月

  • 米国Dialogの国内独占販売権を取得、販売開始

2001

12月

  • コンテンツ・インテグレーション事業開始

2002

9月

  • コンテンツ・プロデュース事業開始

2003

4月

  • データベースサービス法人会員10,000社を突破

10月

  • 携帯電話市場向けコンテンツ・サービス提供開始

2004

1月

  • SDI(Alert)専用ポータルサイト「フォーカスサービス」提供開始

7月

  • 富士通パレックス株式会社、株式会社ジー・サーチ合併
  • 新生ジー・サーチ発足

2005

3月

  • 環境マネジメントシステムISO14001:2004「グループ統合認証」を取得

2006

12月

  • 携帯電話向け自主サービスを提供開始

2007

3月

  • 個人情報の保護管理基準である「プライバシーマーク」の認定を取得

12月

  • 特許ソリューション「ATMS」販売開始

2010

9月

  • 電子書籍・雑誌を記事単位で購入できる「G-Search ミッケ!」を提供開始

2011

11月

  • 5,000万件以上の学術文献を保有する 電子ドキュメントデリバリーサービス 「Mobile Library(現RightFind®)」を販売開始

2013

4月

  • 日本最大級の科学技術文献情報提供サービス「JDreamⅢ」を提供開始

11月

  • ソーシャルメディア分析サービス「GARNET(ガーネット)」を提供開始

2014

8月

  • 研究助成金情報ポータル「コラボリー/Grants(研究助成)」を提供開始

2016

7月

  • 「JDreamⅢ」引用・被引用情報の提供開始、外国文献を大幅に拡大

2017

11月

  • Google広告正規代理店「Google Partner」に認定

2018

4月

  • 「JDreamⅢ」を完全固定料金化/分析・可視化機能を提供開始

2019

2月

  • 「JDreamⅢ」の新機能「クイックサーチの刷新」、「国際特許分類(IPC)の付与」を開始

8月

  • 研究パートナー探索サービス「JDream Expert Finder」を提供開始

2020

4月

  • 研究者探索サービス「JDream Expert Finder」が、文部科学省 「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」に認定

10月

  • ゲノム医療、医薬品の費用対効果(HTA)分野における調査プロセスを効率化する、AIを活用した論文調査サービス「JDream SR」を提供開始

2021

3月

  • 海外の制裁リスト・要人情報をスクリーニングできる、「海外コンプライアンスチェックサービス」の提供開始

10月

  • 「JDreamⅢ」と「SPEEDA」が連携し、産学官連携の加速に貢献する「学術論文動向検索」機能を実装

10月

  • 神奈川県川崎市へ本社移転

2022

4月

  • マーケティング機能統合型 Web CMS「Sitecore® Experience Platform™」、Webコンテンツ管理システム「WebコアCMS 」の事業移管
  • 論文・特許・ニュースのAI解析により技術動向を瞬時に可視化する「JDream Innovation Assist」を提供開始
ページの先頭に戻る