ジー・サーチ

健康経営

目標

ありたい姿

すべての社員が心身ともに健康でいきいきと働く事のできる環境をつくりだす。

また社員が自己の成長を実現させて、その力を最大限に発揮できる機会を提供する。

2022年度目標

いきいきと働くことができる職場環境の実感。

KPI:社員意識調査「ワークライフバランス」「職場環境」に対する肯定回答率70%

推進体制

ジー・サーチの健康管理推進体制は、経営トップが健康経営推進最高責任者(CHO)となり、健康経営事務局、健康推進本部、健康保険組合が連携し、一体となって施策の実施、強化・拡充を推進しています。

健康経営推進体制

「CHO:代表取締役社長」「「健康経営事務局 《主管》コーポレート部門:ビジネスマネジメント統括部 《連携》富士通健康推進本部、富士通健康保険組合(健康経営全般に関わる施策検討、各会議体の推進検討、各種の議論、承認など)」「健康経営連携会議(経営会議)」「安全衛生委員会:Kawasaki Tower」、委員長:ビジネスマネジメント統括部 幹部社員、組合代表:GSH職場委員」」「各職場」
健康経営推進体制図を拡大する新しいウィンドウで開きます

目標と実績

重点施策 評価指標 2020年度実績 2020年度目標 2023年度目標
生活習慣病対策 メタボ該当率 29.4% 30% 28%
喫煙対策 喫煙率 18.8% 20% 18%
メンタルヘルス対策 メンタルヘルス長欠休職率 1.0% 0% 0%
健康診断受診率 定期健康診断受診率 100% 100% 100%

主な取り組み

生活習慣病対策

ジー・サーチでは、法定の健康診断項目に年齢別検査を追加した健康診断を実施、Webシステムで健診結果、健康リスク、経年変化などを提供することで、自律した健康管理を支援しています。

加えて、有所見者に対して、産業医、産業保健スタッフが健康指導や受診勧奨を行うことで、生活習慣の改善・精密検査や医療機関受信の徹底を図っています。

喫煙対策

ジー・サーチでは、受動喫煙による健康被害から社員を守り、喫煙者の健康リスク低減を図るため、完全禁煙を実施しています。

あわせて、禁煙をサポートするために、年1回の「みんなで禁煙チャレンジ」という富士通グループ全体イベントでは、喫煙者と非喫煙者がチームとなって禁煙に取り組むことで、グループ全体・職場全体の禁煙への意識向上、喫煙対策への風土の熟成につなげています。