毎日新聞の東京都知事選ネット選挙ツイッター分析にソーシャルメディア分析サービス GARNET(ガーネット)が採用されました

2014年2月 5日(水曜日)

毎日新聞と立命館大が実施している東京都知事選(2月9日投開票)でのネット選挙の共同研究で、ネット上の世論調査にソーシャルメディア分析サービスGARNET(以下、GARNET)を使用して、候補者名や原発などの政策テーマから都知事選への関心・反応ツイート(つぶやき)の集計・分析が行われています。
集計・分析された結果は毎日新聞本紙およびWEB上の「選挙毎日」に記事として掲載いただきました。

[分析例]

GARNETは、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアから発信されているさまざまな情報を蓄積・収集・分析するためのサービスです。
ユーザーは Excelから直接このサービスに接続することが可能で、Microsoft Office製品との連携が容易となり、分析からレポート作成業務までの大幅な効率化が可能です。

関連URL

商標について
記載されている法人名、製品名などの固有名詞は、各法人の商標または登録商標です。
(注)Microsoft、Excel および Microsoft Office は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。