ジー・サーチ 研究者向け研究会/勉強会グループ支援ツール「コラボリー/Groups」を提供 ~ 研究者のミートアップ・学術活動を支援、サイエンスを加速 ~

2015年8月18日(火曜日)

株式会社ジー・サーチ(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡瀬 博文、以下 ジー・サーチ)は、2015年8月21日より、研究者向けソーシャルプラットフォーム「コラボリー(COLABORY)®」のサービス第三弾、研究者向け研究会/勉強会グループ支援ツール「コラボリー/Groups(グループ)」の提供を開始いたします。
 

サービスサイト
https://www.colabory.com/groups/
 

「コラボリー/Groups(グループ)」は、研究者の研究会/勉強会などの学術グループ活動「サイエンス・ミートアップ」(注1)を支援するサービスです。研究会/勉強会などのホームページを簡単に作れるほか、研究会/勉強会、セミナー/講演会、研究発表会やハッカソンなどのサイエンス・ミートアップイベントの集客や参加者管理、配布資料・テキストのダウンロードアーカイブなど、学術グループ活動を支援する様々な機能を提供します。また、研究者にマッチした研究会/勉強会やセミナーなどのイベントをレコメンドすることで、研究者のコラボレーションを創出し、研究者間の多様な知識・視点・発想などの交換と共有を促進します。
 

サイエンス・ミートアップ:研究者の「出会いの場づくり」

科学技術のイノベーション創出には多様な研究者人材の協調・連携による大胆な発想を生み出す環境づくりが重要とされています。また産学連携においてもアカデミア研究者、企業研究者が実際にコミュニケーションする「場づくり」が重要です。学会や研究会は、研究者が特定の研究領域について理解を深め、研究者同士のネットワークを構築する活動ですが、近年のオープンサイエンスや新技術・融合領域への対応、特に若手研究者にとって、これら学術イベント活動「サイエンス・ミートアップ」のさらなる創出と促進が求められています。


 

サイエンス・ミートアップを加速する「コラボリー/Groups(グループ)」

ジー・サーチは研究者のためのソーシャルプラットフォーム「コラボリー(COLABORY)」を通じて、外部研究資金情報の検索エンジンや専用のニュースメディアなど各種サービスを提供しています。

新サービス「コラボリー/Groups(グループ)」では、学会や研究会、より小規模な勉強会も含めた学術グループの創設や運営を支援するツールを提供します。研究者の視野を広げ、サイエンス・ミートアップを加速するサービスとなっています。

また、産学連携や共同研究においても、アカデミア・産業側の双方が本サービスのイベント告知機能を活用することにより、実際のコミュニケーションの場を創出できると考えております。

「コラボリー/Groups」は無料で利用できます。研究者のためのソーシャルプラットフォーム「コラボリー」の提供開始から1周年となる8月21日より、β版のリリースを開始します。

ジー・サーチは、研究者支援プラットフォーム「コラボリー(COLABORY)」が提供するサービス群により研究者の研究活動をより強力にご支援し、日本のサイエンスを加速いたします。
 

「コラボリー/Groups(グループ)」のサービス内容

  • 研究グループページ作成機能
    研究会/勉強会仲間が情報共有できるホームページを簡単に作成でき、メンバーの募集や所属メンバーのプロフィール管理などが行えます。グループページは公開範囲を設定できるので、学会の事務局利用などのクローズドな利用にもご活用いただけます。  
  • イベントページ作成機能
    研究会/勉強会、セミナー・講習会、研究発表会、ハッカソン、気軽な懇親会といったサイエンス・ミートアップのイベント告知ページが開催内容を入力するだけで簡単に作成できます。参加者の集客や、参加者管理、配布資料のダウンロード機能もご利用いただけます。  
  • イベントフォロー、レコメンド機能
    利用者の研究専門分野などでマッチするイベントをレコメンドします。また、気になるイベントや、イベント主催者をフォロー(ブックマーク)する機能も提供、あらたなミートアップのきっかけを創出します。  
  • ご利用は無料
    「コラボリー/Groups(グループ)」は会員登録することで無料にてご利用いただけます。また、研究者に特化した研究会/勉強会グループ支援ツールとして、今後、機能を充実させてまいります。  

 

サービスサイトURLと提供時期

以下のURLにて、研究者のためのソーシャルプラットフォーム「コラボリー(COLABORY)」の提供開始から1周年となる8月21日よりβ版のリリースを開始します。
https://www.colabory.com/groups/
 

「コラボリー」と今後の展開について

~コラボレーション(COLLABORATION)+ラボラトリ(LAB)~
「コラボリー」にはジー・サーチが提供する研究者支援プラットフォーム上で様々なコラボレーション、実験的な試みが行われ、サイエンスを加速したいという思いが込められています。

2014年8月、外部研究資金検索サービス「コラボリー/Grants」に続き、2015年1月、若手研究者向け研究資金・研究環境情報メディア「コラボリー/Beats!」をリリース。今回、サイエンス・ミートアップを加速する「コラボリー/Groups」の開始により、より多くの研究者を集めたプラットフォームへと成長します。「コラボリー」は自社サービスだけでなく、研究者を対象にビジネスを行う企業のサービス乗り入れを可能にする「研究者ソーシャルプラットフォーム」として展開します。今後もユニークな研究者支援サービスを展開してまいります。
 

サービス資料

コラボリー/Groups(グループ)紹介マンガ
 

用語の説明

(注1)サイエンス・ミートアップ(Science Meetup)
ソーシャルサービスやオンライン検索サービスを通じて、同じ興味を持った人達が集まりオフラインで直接顔をあわせて行うイベントを「ミートアップ」と呼びます。ジー・サーチでは研究分野にフォーカスをあて、特定の研究テーマやテクノロジーに興味を持つ研究者の集まり、ハッカソンやアイデアソン、講師やゲストスピーカーによるセミナー、気軽な懇親会まで、「実際に顔を合わせた場づくり」を支援し、研究者のネットワーク作り、異分野研究者の出会いによるイノベーションのきっかけ作りを支援します。
 

商標について
記載されている法人名、製品名などの固有名詞は、各法人の商標または登録商標です。
 

会社概要
会社名  : 株式会社ジー・サーチ
本社住所 : 〒108-0022 東京都港区海岸3丁目9番15号 LOOP-Xビル9階
設立   : 1994年11月16日
資本金  : 4億8,000万円
出資比率 : 富士通株式会社(83%)、富士通エフ・アイ・ピー株式会社(17%)
代表者  : 代表取締役社長 渡瀬 博文
事業内容 : データベースサービスの企画、構築ならびに販売。
      データベースシステムの運用受託。
      インターネットに関するサービスの企画、構築ならびに販売。
当サイト : http://www.g-search.jp/
 

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ジー・サーチ
<当サービスに関するお問い合わせ先>
新規事業開発室 三尾 和央(ミツオ カズオ)
Tel:03-3452-1664
E-mail:gsh-colabory@cs.jp.fujitsu.com

<報道関係お問い合わせ先>
広報担当 新井 稔(アライ ミノル)
Tel:03-5442-4388
E-mail:gsh-s-info@cs.jp.fujitsu.com