沿革

1991年1月
株式会社ジー・サーチ設立
1992年5月
G-Search データベースサービス提供ファイルが100を突破
データベースサービス法人会員2,000社を突破
1993年8月
東京都港区海岸(現所在地)へ本社移転
1994年11月
富士通パレックス株式会社設立
1996年1月
インターネット・サービス・プロバイダ「InfoWeb」提供開始
1996年12月
インターネット版データベースサービス開始
1997年4月
データベースサービス法人会員5,000社を突破
1998年10月
富士通パレックス株式会社 Webプロデュース事業開始
1999年9月
「日経テレコン21」サービス販売開始
アバターチャット・サービス「J-Chat」提供開始
1999年11月
「InfoWeb」サービスをニフティ株式会社に移管
2000年2月
米国Dialogの国内独占販売権を取得、販売開始
2000年6月
富士通公式携帯サイト「@F携帯応援団」立ち上げ
2001年1月
「@F携帯応援団」向けにiアプリ150本を提供
2001年12月
コンテンツ・インテグレーション事業開始
2002年9月
コンテンツ・プロデュース事業開始
au向け携帯有料コンテンツ提供開始
2003年4月
データベースサービス法人会員10,000社を突破
2003年10月
携帯電話市場向けコンテンツ・サービス提供開始
2004年1月
SDI(Alert)専用ポータルサイト「フォーカスサービス」提供開始
2004年7月
富士通パレックス株式会社、株式会社ジー・サーチ合併
新生ジー・サーチ発足
2005年3月
環境マネジメントシステムISO14001:2004「グループ統合認証」を取得
2005年12月
企業向け検索製品「Google検索アプライアンス」の販売開始
2006年12月
携帯電話向け自主サービスを提供開始
2007年3月
個人情報の保護管理基準である「プライバシーマーク」の認定を取得
2007年12月
特許ソリューション「ATMS」販売開始
2010年9月
電子書籍・雑誌を記事単位で購入できる「G-Search ミッケ!」を提供開始
2011年11月
企業向け特許管理クラウドサービス「ATMS/PM2000 Cloud」を提供開始
5,000万件以上の学術文献を保有する 電子ドキュメントデリバリーサービス 「Mobile Library」を販売開始
2012年5月
知的財産と技術情報を融合した初のポータルサイト「知財と技術の部屋」を公開
2013年4月
日本最大級の科学技術文献情報提供サービス「JDreamⅢ」を提供開始
2013年11月
ソーシャルメディア分析サービス「GARNET(ガーネット)」を提供開始
2014年8月
研究助成金情報ポータル「コラボリー/Grants(研究助成)」を提供開始